医療法人 晴心会 野上病院

リウマチ専門外来

関節リウマチとは?

関節リウマチとは数あるリウマチ性疾患の代表的は病気で主に関節を侵し、心臓・肺・腎臓などにも障害が起こる全身性の病気です。女性に多く40歳代がピークで30-50歳代に多くみられます。

原因は分かっていませんが、なんらかの病原がありそれに体が過剰に反応してしまいいろいろな臓器に障害を起こします。

関節リウマチの診断

多くは手や足の関節が腫れて痛みだすことが多いです。朝起きた時に指が動かしにくいといったこわばりや症状が左右対称的に起こることも特徴です。

しかし、これらは典型的な例で、膝や肩などの大きな関節からや、一つの関節だけから始まる例もあり、その症状はさまざまです。また、このような関節炎を起こすのはリウマチ以外にもたくさんあるため、信頼できる診断基準、検査を参考にしながら慎重に診断していきます。

関節リウマチの検査

血液検査、レントゲン検査、MRIなどがあります。特に最近は血液検査で今までよりは精度が高いものも保険適応になりました。関節の変化がレントゲンで分からない時期でもMRIで診断可能な時もあります。

関節リウマチの治療

リウマチの関節破壊はどんどん進行していきますから、それにともなって痛みも増します。古くはとにかく痛みをなんとかする治療が主流でした。痛くなればその都度くすりを増やしていき、もうどうにもならならなければ手術するというものです。

しかし、今はいかに関節の破壊をくい止め、生活の質をよくするかということに変わってきています。そのため早期診断・治療が必要なことはいうまでもありません。くすりも適当なリウマチ薬が使用されます。

また、最近は生物学的製剤というものも使用されています。これは非常に高価なくすりで感染症などの心配な副作用もありますが、今までにないすごく効果があった例が多数報告されています。もちろん効かない人もいますが、種類を変えることで効果があらわれることもあります。今後はこの生物学的製剤の種類もどんどん増える予定です。

当院のリウマチ外来

 以上簡単にリウマチについて書きましたが、当院ではリウマチ外来という専門外来を開設し、早期診断を行い、患者様と相談の上できる限りのリウマチ治療を行っていきたいと考えています。これは当院だけでなくリウマチ外来を行っている全国のリウマチ医共通の考えです。

現在大阪府には360名程度の内科や小児科、整形外科のリウマチ専門医がいますが、当院周辺地域にはそれほどたくさんいないのが現状です。また、リウマチ治療は地域差が比較的あることも確かです。

つまり、都市部では専門医が中心となってより積極的な治療を適切に行っていますが、そうでない地域では痛みをおさえる治療が中心になっていることも多いと聞きます。また、患者さん側も適切な知識をもたずにリウマチだから仕方ないとあきらめているということも耳にします。このことから地域住民の皆様に少しでもお役に立てるように、当院にてリウマチ専門外来を開設させていただいた次第です。お気軽にご利用していただければ幸いです。

この内容についてのご相談は、
野上病院整形外科(072-484-0007)まで