医療法人 晴心会 野上病院

リハビリテーション部

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管障害または大腿骨頚部骨折等の患者様に対して、日常生活動作の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

対象患者様

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷などで発症又は手術後2ヶ月以内の患者様
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折で発症又は手術後2ヶ月以内の患者様
  3. 外科手術や肺炎などの治療時の安静により生じた廃用性症候群を有する患者様で、手術又は発症後2ヶ月以内の患者様
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋、靭帯損傷後1ヶ月以内の患者

上記疾患以外の患者様も一度ご相談ください。
リハビリテーション 1日最大9単位まで可能です。

特色

365日のリハビリ

日曜日・祝日を問わず、休むことなく充実した代診制度によりリハビリを行います。(施設点検・研修のため、年に3日程度の休日があります)

充実したスタッフ

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・アシスタントにより充実したリハビリを提供します。

退院に向けて

入院中から患者様の住宅を調査し、ご自宅に合わせた動作指導を行い、自宅復帰を進めます。また、必要に応じて住宅改修の提案を行います。

総合的なサポート

リハビリテーション科だけではなく、内科・脳神経外科・外科・皮膚科・泌尿器科・循環器内科・耳鼻咽喉科・眼科があり患者様に総合的なサポートを行います。

リハビリテーションの内容

理学療法(PT)

日常生活が困難になった方々に、運動療法、物理療法を行い、寝返り、起き上がり、立つ、歩くなど日常で必要な動作の獲得を目差します。

作業療法(OT)

身の回りの動作(トイレ、食事、着がえなど)の練習を行います。必要に応じて家事の練習や職業復帰に向けての訓練なども行います。

言語聴覚療法(ST)

コミュニケーションに障害がある方や、食べたり飲んだりすることに障害がある方に対して、訓練を行います。

入院から退院の流れ

入院から退院の流れ

インフォームドコンセントの充実

回診

患者様のお部屋に、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員がお伺いして、患者様とご一緒に検討会を行っています。

カンファレンス

医師による治療方針をもとに、患者様、家族様と一緒に検討会を行います。今後の目標を立て、話し合いながらリハビリテーションを進めて行きます。

病棟生活

リハビリと病棟が連携して、日常生活の動作がスムーズに行えるよう患者様に合わせた看護援助をいたします。

季節のイベント

季節のイベントを開催し、QOL(生活の質)の 向上を目指します。

 

看護部

身体と心の回復を目指し日常生活をサポートします。安心して健やかな入院生活をすごして頂けるよう、看護いたします。

看護部のご案内はこちらから

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ