医療法人 晴心会 野上病院

看護教育プログラム

教育プログラムについて

野上病院看護部は、教育研修にクリニカルラダーを基盤としたプログラムで構成しています。各習熟段階にあった研修を実施し、看護技術の向上、領域別看護講習での学習、看護研究への支援、リーダーシップや看護管理などの教育の場を提供しています。各段階の目標に対して到達目標と行動目標を設定しています。そして、習熟度段階に応じた研修内容も取り入れています。

レベルラダーⅠ・Ⅱ・Ⅲ段階においては、看護管理者だけでなく他職種である薬剤科、理学療法科、放射線科、栄養課、検査科、福祉(訪問看護・ケアマネジャー)などあらゆる職種の協力を得て研修が行われています。

さらに、医師たちよってさまざまな専門的分野の学習ができるようにと看護実践に繋がる研修がなされています。

 また、当病院ではTraining by the chief=TC研修という主任・副主任たちによる専門的知識と技術の習得のための研修を行っています。

すべての研修は、看護師、准看護師ともに受講でき意見交換や質問などがしやすい環境づくりに心がけ、「知る」「理解できる」「実践する」を目標にプログラムを組んでいます。

 

教育内容

教育制度:クリニカルラダーシステム

 

実践能力の習熟段階目標

 

各段階の目標に対して到達目標と行動目標を設定しています。そして、習熟度段階に応じた研修内容も取り入れています。

評価方法も各レベルの到達目標の達成評価には、評価基準に準じて行っています。