医療法人 晴心会 野上病院

看護教育

看護教育理念

「専門職業人としての質の高い知識・技術をもち

思いやりの心をもった患者中心の看護が提供できる看護師を育成する」

看護教育

医療、看護を取り巻く変化や社会情勢においては、チーム医療の推進や他職種との役割分担と連携の進展など専門職業人としての必要な資質や知的・倫理的側面が求められる状況です。

そういった中、当院では、看護部理念である「心温まる看護」を目指し、専門職業人としての知識、技術、態度を身に付け看護実践能力の向上を目標とした看護教育を行っています。

 

 

教育担当師長 松原隆子

当院の看護教育は、専門職業人として具える能力を育む教育として下記のことに重点をおいています。

1.ヒューマンケアの基本的な実践能力をもつこと

2.根拠に基づいた看護展開(PDCA)ができること

3.多職種とのチーム体制などを理解し活用する能力を具えること

4.自律の精神を培うこと

いかなる状況においても、「正義と責任、自分の職業への誇りを持ち、偽りの心なく最善の看護が提供できる人材育成」を目指しています。これは、本教育を考える軸としているものです。

当院の研修は、受講者だけでなく研修担当者も含め、アクティブラーニングにより研修内容の向上、学習活動を広げています。又、看護部門だけでなく全部門、多職種による協力のもと開設した研修が多くあり、多職種のスタッフ達も積極的に自由に研修参加しています。

看護師、多職種の教育のシェアリング(共同化)といった事を目指し教育面からの協働へのアプローチに努めています。

教育によって「看護」を深化させ、看護師としての矜恃をもち「安心と幸せを感じられる医療の提供」と「心温まる看護の提供」の実現に向かっています。

<看護教育について>

野上病院看護部教育基本方針

野上病院看護部の教育は、看護理念、看護方針のもと、専門職業人としての誇りをもち看護実践能力を高め、クライエントの生活の質(Quality  of Life)の向上を目指し質の高い看護が提供できる教育方針です。

その為に、看護職員の院内教育では、患者のQOLの向上と質の高い看護サービスができる看護職員の育成を目指したプログラムを組んでいます。

院内教育には、クリニカルラダーシステムに基づいて、段階毎に臨床実践能力が高められるように知識・技術・態度に関する学びの機会を提供しています。

教育目標

  • 病院理念、看護部理念に基づいて、「思いやり」の心を持った患者中心の看護ができる看護師を育成する。
  • 専門職業人としての患者ケアの質的向上を図り臨床看護実践能力を高める。
  • 専門職業人として高い倫理感をもつ。
  • 医師・パラメディカルとともに協働しチーム医療を推進するため自身の役割と責任を自覚する。
  • 専門職業人として主体的かつ継続的に自己研鑽に励み成長する。
  • 社会の動向、医療の動向に目を向け情勢に応じた看護の取り組みができる。
  • プリセプター制導入。
  • 院内外の研修(看護協会主催など)