医療法人 晴心会 野上病院

看護教育

看護部理念

心温まる看護の提供

ゆとりの気持ちと言葉と笑顔で看護を提供する

看護教育理念

「専門職業人としての質の高い知識・技術をもち

思いやりの心をもった患者中心の看護が提供できる看護師を育成する」

<看護教育について>

野上病院看護部教育基本方針

野上病院看護部の教育は、看護理念、看護方針のもと、専門職業人としての誇りをもち看護実践能力を高め、クライエントの生活の質(Quality  of Life)の向上を目指し質の高い看護が提供できる教育方針です。

その為に、看護職員の院内教育では、患者のQOLの向上と質の高い看護サービスができる看護職員の育成を目指したプログラムを組んでいます。

院内教育には、クリニカルラダーシステムに基づいて、段階毎に臨床実践能力が高められるように知識・技術・態度に関する学びの機会を提供しています。

教育目標

  • 病院理念、看護部理念に基づいて、「思いやり」の心を持った患者中心の看護ができる看護師を育成する。
  • 専門職業人としての患者ケアの質的向上を図り臨床看護実践能力を高める。
  • 専門職業人として高い倫理感をもつ。
  • 医師・パラメディカルとともに協働しチーム医療を推進するため自身の役割と責任を自覚する。
  • 専門職業人として主体的かつ継続的に自己研鑽に励み成長する。
  • 社会の動向、医療の動向に目を向け情勢に応じた看護の取り組みができる。
  • プリセプター制導入。
  • 院内外の研修(看護協会主催など)