医療法人 晴心会 野上病院

部署紹介

2階病棟

急性期病棟で60床。主に外科疾患、眼科疾患(白内症、緑内障)、内科疾患(DM、循環器系など)の看護です。消化器外科では専門医による手術、眼科では白内障は病状により日帰りから短期入院を行い、緑内障も含めて積極的に治療を行っています。スタッフは元気で明るい看護師が多く勤務しています。

夜勤帯は、看護師3人と看護助手1名の計4名で患者さんの看護を行っています。

3階北病棟

回復期リハビリテーション病棟50床、亜急性病棟10床の病棟です。回復期リハビリテーション病棟では、脳血管障害または下肢の骨折等の患者さんに対してリハビリテーションを集中的に行っております。患者さんの自宅復帰を目標とし、リハビリスタッフやソーシャルワーカーと共に充実した看護を提供します。

当病棟は家族との関わりを大切にしており、いつでも相談できるように雰囲気つくりを心がけて家族が無理なく援助できるように個別性に応じた家族指導に力を入れています。また、看護学生の臨地実習の場でもあり、実習指導を始めスタッフ一同温かく指導を行っています。

3階南病棟

医療療養型病棟で43床あり、半数以上が長期入院の患者さんです。長期の入院生活において少しでも楽しめる機会として、看護師・作業療法士・看護助手と共に病棟でのレクレーションや春にはお花見等の季節のイベントも開催しています。身体と心の回復を目指し安心して健やかな入院生活を過ごして頂けるように看護しております。

外来

内科・循環器内科・外科・眼科・耳鼻科・皮膚科・リハビリテーション科・泌尿器科(週3回)・ 脳神経外科(週2回)・リウマチ科(週1回)等の外来診療のおける看護、外来検査(エコー・内視鏡)の介助・看護を行っています。

手術室

主要な手術領域は、消化器外科・整形外科・眼科・耳鼻科です。

手術を受けられる患者さんはたとえどんなに小さい手術でも不安なものです。私達は不安が少しでも和らげればと思い音楽を流しています。また、できるだけそばに寄り添い声をかけながら、患者さんの看護と様々な要望にも可能な限り対応できるように努めています。

その他

中央材料室として病院内の衛生材料の管理業務及び滅菌業務を行っています。